転職を考える30代前後へ伝えたいこと

スポンサーリンク

 こんにちは、20代後半で転職を経験した僕がこれから転職をするか迷ってる人へ私の経験したこと、また、転職して良かったのか?ということについて記事にしました。

グーグルアドセンス合格後8ヶ月目の収益結果
初心者ブロガーの私が、グーグルアドセンスに合格し8ヶ月経った収益結果をまとめてみました。最初の1ヶ月目、そして3ヶ月目の成績と比べると全然成長していないことがわかってしまいました。が8ヶ月経ってわかったこともあります。それは・・・
スポンサーリンク

転職を考えるということは何かしら悩みがあるということ

 まず最初に、転職を考えているということはその時点ですでに何らかの理由があり転職を考えているということになります。

 そして、考えるほどそれらの悩みは自分自身によって正当化され転職しようと決断します。

30代前後の転職が一番多い?

 私の周りでは、30代前後の転職が一番多いように思います。20代で仕事に励み、技術や知識をつけ30代でこれからバリバリ仕事するぞって時に、『このままでいいのか?』『少し年上の人らがもう役職について自分は上に上がることができるのか?』などいろいろ考えてしまうと思います。

 また、給料面も『もう少し欲しいな』とか、『役職に付ければ給料大幅アップなのに』など悩みは人それぞれです。

私の副業成績、副業は本当に稼げるのか検証して見ました
副業を始めて2年ほど、副業してどうなのか?どのくらい稼げたのか?を簡単にまとめてみました。また、今までに挑戦した副業、その中から現在まで続いてる副業はなんなのか?

私の経験から言えること

 私が前の職場をやめた理由

 私は前の職場で技術と知識をつけ、運良く20代半ばで役職につくことができました。役職についてからは、給料も大幅にアップし大変満足でした。

 しかし、役職に付いてからの大変さに心が折れてしまい精神的に参ってしまいました。役職につくと上からの期待としたからの圧力で板挟みになってしまいます。

 例えば、上からの期待は何か成果を挙げるなど、下からの圧力は部下に抜かされるかもしれないといった不安などです。

 そのためには、仕事終わってからでもさらに勉強したりと気を抜くことが出来なくなってしまいます。

 そんな日々の精神的な疲れからかいつの日か、これなら独立した方が楽なんじゃないかと思うようになりました。

 ですが実際どう考えても自分じゃ独立してもやって行く自信はありませんでした。そんな時に思い浮かんだのが転職です。

 職業案内所(ハローワーク)に行っても良かったのですが、親しい友人に相談したところ『それなら、うちの会社にとりあえず来てみたら?』ということだったので転職しました。

転職して良かったのか?

転職して変わったこと

給与→大幅ダウン

・立場→責任がなくなる

・通勤時間→合計1時間短縮

・精神面→気が楽になる

 赤文字で書いた給与以外は、自分的には改善されストレスなく仕事に励むことが出来ています。

 問題は、赤文字で書いた給与が大幅にダウンしたことです。年収で言えば約100万円は下がりました。( ; ; )給与が下がるということは生活に直結してくるので、その辺が転職して一番しんどいなと思うところです。

転職して後悔は?

 わたし自身、転職して『どうだったのか?』と聞かれると迷いなく『良かったです』と答えられます。

 給与の下がった分は、それなりの生活しかできないので時間と共に慣れて気にならなくなります。

 後の余裕ができた時間で自分の好きなことにチャレンジしたりできるので本当に転職して良かったと思っています。

最後に

 わたしの経験から言えば、一度転職を考えてしまった人は最終的には転職を決断するだろうと思います。しかし、ただ単に給与面だけの悩みならもう一度考え直してもいいのかなと思いました。

 人間関係や職場環境に悩んだら転職は大いにありだと思ってます

 わたしみたいに、中途半端に役職につき上からも下からも圧力に押され耐えれないという方は、転職して平社員になるのが一番いいのではないかと感じました。

 平社員しながら余った時間で自分のしたいことをチャレンジすればいいだけなのですから。

副業・バイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yasura-gisanをフォローする
スポンサーリンク
やすらーぎの雑記ブログ
タイトルとURLをコピーしました