2000万円以内の物件で新築建売VS中古戸建てどっちが最強なのか?

スポンサーリンク

 自分が物件探しでかなり悩んだ経験をもとに、新築建売と中古戸建てを比べていったいどちらが良いのか自分なりに答えを出してみました。

スポンサーリンク

物件探しにおいて一番大事なのは予算

 まず初めに、物件探しにおいては予算が一番大事で予算内の物件を探すことが鉄則です。理由は、私みたいにローンが組めない。あるいはローンが組めても大きいローンは組めない。そして、頭金の用意できる額が少ないなど。

妻子持ちの債務整理者が家を買う方法
自信が債務整理中で住宅購入が絶望の中、ローンをどうにかして組む方法を探していましたが別の方法で住宅が購入できることがわかりました。債務整理中でも諦めずに住宅を買う方法を説明します。

予算は2000万円

 ネット検索で多いのはやはり中古戸建てです。数百万円の物件から2000万円(今回は予算が2000万円)の物件までほぼ全てで検索に引っかかるので物件数は新築建売に比べるとかなり多いです。

 逆に新築建売は2000万円以下の物件はかなり少ないです。

どうして予算が2000万円なのか?

 私の場合ですが、自分では住宅ローンが組めません。なぜなら債務整理中だからです。そして、現金もほぼ持っていません。

 じゃあ何故?2000万円?

 父親と嫁の親子リレーでローンを通してもらったからです。

 私より絶望的な人はすいません。

 私の場合はこの方法でローンが通るのは1900万円までと言われました。そしてなんとか現金で300万円ぐらいは用意出来るということなので予算は2000万円に設定させていただきました。

 予算を設定することで物件が絞れる

 まず、物件を探すに当たって一般的な行動は不動産に直接足を運ぶかスーモなどの住宅情報サイトでとりあえず検索してみるかだと思います。

 そして、不動産に行ったとしてもスマホで検索したとしてもどのみち『予算は?』と聞かれるので予め予算を設定しておくとスムーズに物件を探し出すことができるでしょう。

まず新築建売を調べてみる

新築建売の悪いところ

 私は、とりあえず新築建売を検索してみました。すると私の地域では2000万円以下の物件は非常に少なくあったとしても周りの道がかなり狭いなどとても条件が厳しい物件ばかり出て来ました。

 とにかく物件数が少ないです。

新築建売の良いところ

 とは言え、良い点もあり例えば道は細いが敷地がかなり広い(駐車場4台分)+庭付きなど、他には、住まい給付金などの給付金が受け取れたり固定資産税が3年は半額(建物の分だけ)になる。

 そして、一番良い点はとにかく綺麗。誰も使っていないと言うことが一番嬉しいかもしれません。

次に中古戸建て物件を検索してみる

2000万円以下の中古物件

 新築建売に比べるとかなりの数の物件が出て来ます。私の物件の条件の中に、即入居可、築20年以内の物件であることが望ましかったのでより詳細に検索して見るとある程度絞り込むことができました。

中古戸建ての悪いところ

 やはり中古なので使用感がある。

 条件を絞っていくと思っていたより物件数が少ない。

 もしかしたらいわくつきかもしれない。(実際に私自信調べた物件が過去に事故物件だったことあり)そして、元々その住宅街が出来た当時の人らが大勢住んでいるので近所の付き合いが最初は大変そう。

 他には、市街調整区域など増築や建て替えができないことも場合によってはあり得るので物件選びは慎重に。

中古戸建ての良いところ

 テレビのアンテナやカーテンレールなど既存の設備に関しては新たに取り付ける必要がなく、費用が若干浮く。

 物件によりけりですが広い道の際にある。

 場所を選ばなければ土地がものすごく広いのに価格がかなり安い。

結論!新築建売vs中古戸建て

 結局、どっちが良いのか?

条件次第だがやっぱり新築

 皆さんのその時の状況にもよりますが私は、新築建売を購入しとても満足しています。理由は、結局のところ中古物件を探していくに連れて条件が自然と上がっていき、物件の価格が2000万円に近くなっていきます。

 そうなると、『新築建売買えるやん』となり新築の物件を探し出します。

田舎暮らしや古民家風の物件なら中古

 田舎暮らしに憧れている人は、築年数は古いがリノベーション済みの物件で1000万円以下という物件も結構ありました。

 ですので、自分の希望物件の条件次第で物件が決まると言えるでしょう。

ちなみに・・・

 ちなみに、物件の見る順番は中古物件から見た方がいいと思います。何故なら、新築物件をみた後に中古物件をみると、やはり使用感があるので住みたくないなと思ってしまったからです。

 以上でした。

 

 

住居選び
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yasura-gisanをフォローする
スポンサーリンク
やすらーぎの雑記ブログ
タイトルとURLをコピーしました