ギャンブル(パチンコやスロット)で借金を作ってしまった人へ

何回もやめようと思いました。

しかし、何回やめようと思ってもやめられないです。

こうやってブログに書いていると、少しは気が楽になりますが

実際には、やめられなくてしんどいです。

借金をしてしまったら弁護士か司法書士に相談してみよう
私が実際に体験した借金の減額方法とどうやって減額するまでに至ったのかを簡単にまとめてみました。借金でどうしようもなくなった人は、一度、弁護士さんか司法書士さんに相談することをオススメいたします。

パチンコ・パチスロで借金を背負った

 ギャンブルで借金を作った私の体験談

 借金をしてしまった理由は下記の記事にまとめてあります。

私が借金をしてしまった理由〜そして借金をしてからどんな状況に陥ったのか〜
私が、ギャンブルが原因で借金をしてしまい次々と新しくカードローンを組み、その度に、今度こそは気持ちを切り替えて借金返済のために、新しく作ったカードローンを最大限に生かして借金を返済していこうと思っていたのですが、逆にギャンブルに全額使ってしまい、債務整理するまでの体験をまとめてみました。

 パチンコ屋さんのトイレなどにも貼ってあると思いますが、ギャンブル依存症の方の条件で10個ぐらい?項目がありその中のほとんどの条件が当てはまってしまいました。

 しかし、頭では、『これ以上パチンコをし続けたら自分を苦しめるだろう』と思うのですが全然やめられません。

 持っているお金を全て使い切ってしまう

 財布に持っている現金を、当たるかお金がなくなるまで全て使いきってしまいます。当たるまでは、遊戯中にすごくイラつたりしますが、一回当たってしまえば、気持ちがすごく安らいでしまい、遊戯が終了した時に『やっぱり行かなければよかった』といつも後悔します。

 負けた翌日にも普通に行ってしまう

 パチンコで負けた後に、『なんで行ってもたんやろ?いつも負けとんのに、もうやめよう!絶対にやめよう!』と毎回思うのですが、次の日になり仕事が終わる頃には、今日は、何の台を打とうかなと思ってしまいます。

 クレジットカードのキャッシング

 クレジットカードを持っていて、一回でもパチンコのためにキャッシング機能を利用して現金を持ってしまえば、クレジットカードの限度額、全て使いきってしまいます。

 一回やってしまえば、他のカードも作ってしまい、歯止めが効かなくなります。

 パチンコの話をするだけで行きたくなってしまう

 会社の人や友人たちとパチンコの話になるだけで、その日パチンコに行きたくなってしまいます。

 かといって、その話をしないのも無理な話で悪循環です。

パチンコ依存症は自分だけじゃない

 日本全国で見ればギャンブル依存症の人は大勢います

 詳しいデータはわかりませんが、日本だけでもギャンブル依存症の方は、何百万人もいると聞いたことがあります。

 私は、自分だけがこんな苦しい思いをしているわけじゃない他にも、自分より苦しい人はいるはずと思っています。

 この考え方が、ギャンブルをやめられない原因かもしれません。しかし、こう思うだけで少し気が楽になります。

 クレジットカードの新規借入停止

現在は、クレジットカードの新規借入が出来ない状態となっていて、嫌でも借金を返していくしかない状態になってしまいました。

この状態にまでなってようやく、お金の価値がわかったような気がします。

ギャンブルと向き合う

自分のペースでいいからギャンブルと向き合い、辞めることを考えて頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました