加古川市の市民プールは、日岡山市民プールと浜の宮市民プール

 加古川市の市民プールについての記事です。

日岡山市民プールと浜の宮市民プールを比較してみました

 利用料金

日岡山市民プール

大人(中学生以上)    500円

子ども(3歳〜小学生まで)300円

浜の宮市民プール

  当日券

大人(中学生以上)   600円

小人(3歳〜小学生)  300円

 当日券(日祝午後割)*午後2時以降

大人(中学生以上)   400円

小人(3歳〜小学生)  200円

  団体(30名以上)

大人(中学生以上)   480円

小人(3歳〜小学生)  240円

 料金は、最大でも100円程度しか変わらないですが、浜の宮市民プールの方が細かい料金設定がされており、少しお得な感じですね。

下の記事は、加古川市の公共施設で無料のプールで遊べる記事です。

加古川海洋文化センターのじゃぶじゃぶ池で遊んできました!
兵庫県加古川市にある海洋文化センター内のじゃぶじゃぶ池という施設に子供たちを連れ遊びに行ってきました。加古川市の施設なので軽食屋さん以外は、すべて無料で利用できる点がかなりよかったです。

 2019年度営業日・営業時間

日岡山市民プール

営業期間 7月8日の2ヶ月間

営業時間 10:00~18:00(入場は17:00まで

休場日 7月8日(月)、7月9日(火)、

    7月16日(火)悪天候時

浜の宮市民プール

営業期間 7月8日(土)〜9月8日(日)

営業時間 9:00~18:00(最終入場は17:00

休場日 なし(悪天候時は休場の場合あり)

 営業期間は、ほぼ2ヶ月と一緒ですが、休場日に差がありましたね。

 駐車場

日岡山市民プール

60台くらい(付近に体育館や球技場があるため実際にはもっと止められそうです。)

浜の宮市民プール

30台くらい(浜の宮公園内の駐車場も合わせれば100台程度)

 日岡山市民プールの方が確実に停めれます。

 プールの規模

日岡山市民プール

施設名:ファミリープール、50mプール、亀のスライダー、幼児スライダー(1つ)、直線スライダー(年齢制限はないが2人で滑るのは禁止)、噴水

浜の宮市民プール

施設名:流水プール(流れるプール)、ファミリープール、25mプール(6レーン)、ループスライダー(身長制限120cm以上)、直線スライダー、幼児スライダー(2つ)

 一番大きな違いは、ループスライダーと流水プールがあるか無いかですね。私の意見ですが小学生以上の子供がいる家庭は、浜の宮市民プール小学生未満のお子様がいる家庭は、日岡山市民プールがオススメだと思います。

 混雑具合

日岡山市民プール

車は確実に停められるが、プール内の人数が多く50mプールも真剣に泳ぎたくても泳げない。幼児用プールは、人数は多いが十分に遊ぶことができる。

浜の宮市民プール

プール内の人数は少なめ。スライダーや幼児用プールも待ち時間なしで遊べそう。25mプールは、真剣に泳ぐことができる。

 駐車場が少ないため、待つ場合あり。

 日岡山市民プールは、混雑はしてますが車は確実に停められそうです。逆に浜の宮市民プールは、混雑はしていないのですが、駐車場が少ないため心配です。

 泳ぐ練習をしたいんだという方は、浜の宮市民プールの方がオススメです

比較結果

 小学生未満のお子様がいる家庭は、日岡山市民プール小学生以上の子供がいる家庭は、浜の宮市民プールがいいのではないかという結果になりました

 また、泳ぎの練習をしたい方にとっては、人の少ない浜の宮市民プールの方が泳ぎやすいんじゃないかという結果になりました。

下の記事は、夏と言えばプールではなくひまわりの記事です。

夏と言えばひまわり、ひまわりと言えばひまわりの丘公園
夏の花と言えばひまわり、子供がテレビのニュースを見て、この花を見に行きたいとなったのがひまわりでした。兵庫県でひまわりと言えば、ひまわりの丘公園が有名かなと思い遊びに行ってきました。
タイトルとURLをコピーしました