庭木・花木マニアが教える簡単な剪定術〜剪定する順番編〜

 こんにちは、庭木・花木が好きなやすらーぎです。庭木・花木が好きと行っても珍しい花や木は知りません。

 あくまでも一般家庭に植わってるような庭木や花木が好きな普通の知識レベルでのブログになります。

 あと剪定術と言ってもプロレベルではなく、全く今まで庭木・花木の剪定をしたことがない人に向けての基礎レベルでのお話になります。

庭木、花木マニアが教える樹木の簡単な剪定術〜剪定の仕方編〜
何も難しいことはありません。基本の剪定をするだけです。基本の剪定とは、5つの要らない枝を切ることを基本の剪定と言います。この基本の剪定をするだけで伸びまくっていたご自宅の樹木がスッキリとそして植木屋さんが切ったのかなと思うくらい樹木が綺麗になります。

 簡単な剪定の仕方を知りたい人は上の記事をどうぞ!

剪定する順番で剪定のしやすさが変わってくる?

 一つの木があり、皆さんは上から切った方がいいのか?それとも下から切った方がいいのか?悩んだこと一度はあると思います。

 今回は、そんな悩みを解説したいと思います。

 脚立を使用し剪定する木の場合

 脚立を使用し剪定する木の場合は、脚立を使用して剪定します。脚立をセットし登りながら邪魔になる枝は、その場でざっくり剪定し基本的には、一番上から綺麗に仕上げ順番に下に降りながら剪定し仕上げます。

 上から仕上げることで木の上のゴミも剪定と一緒に確認することができ脚立を降りると同時に綺麗に仕上げることができます。

 脚立で上から下へ剪定し終えたら、脚立を差し替え次の剪定箇所へ移動し繰り返し剪定し仕上げていきましょう。

 木に登って剪定する場合

 木に登って剪定する場合は、木に登りやすくするため登るのに邪魔な枝を先に下から順番に剪定していきます。

 下から上へ邪魔な枝を切り一段ずつ頂上を目指し、頂上に着いたら一番上から剪定し仕上げていきます。

 横移動しながら徐々に降りていき、ゴミも落としながら綺麗に仕上げていきましょう。

 降りた頃に、木が綺麗に仕上がっていればあなたもプロの仲間いりになるでしょう。

基本的には上から下へ仕上げるようにしましょう

 仕上げの段階では、必ず上から下へ仕上げるクセをつけていれば自然と剪定スピードも上がり体力的にもかなり楽になると思います。

タイトルとURLをコピーしました