アート(美術)が全くわからない初心者が『チームラボ』のアートを見に行ってきました!

『チームラボ』とは?

  チームラボ

 アートコレクティブ。2001年から活動を開始し集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している。

 学際的なウルトラテクノロジスト集団チームラボは、アートによって、人間と自然、そして自分との新しい関係を模索したいと思っている

 姫路市立美術館で開催中のチームラボ展

 開催期間は

2019年 4月20日(土)から6月16日(日)まで

 時間:10時から17時まで

 今回、私が住んでいる近くの姫路市立美術館でチームラボのイベントがやっているという事で休日を利用して行ってきました。

 観覧料

一般:1,400円(1,200円)

大高生:1,000円(800円)

中小生:600円(400円)

*未就学児無料

*( )内は20名以上の団体・前売り料金

*前売券販売期間終了

 アクセス

 JR・山陽電車姫路駅より、神姫バス⑦または⑧乗り場から[3,4,5,61,62,64,,81,82,84,86番]乗車約8分、「姫山公園南・医療センター・美術館前」下車すぐ。

 姫路駅より徒歩約20分。

チームラボ展に初めて行った感想(姫路)

 初めてのチームラボ展

 私は、今回、チームラボのアートを見るのが初めてでした。姪がチームラボ展を見たいというので姫路市立美術館まで足を運び見に行ってきました。

姫路市立美術館

 姫路市立美術館

 どっちかというと美術よりお城とか樹木に興味のある私は、久しぶりの姫路城に感動しつつもチームラボ展が大変混雑していたのでその時間を利用して美術館周りの、風景などを写真に収めてみました。

姫路美術館 マキ

 写真を撮っているとチケットを購入し終えたとの事なので早速、美術館の中に入ってみました。

 第一印象

 美術やアートにあまり興味も知識もない私がみた印象は、『光を使ったアートなんだ』と思いました。最近、流行りのプロジェクションマッピングのような印象を受けました。

チームラボ

 私は、この絵を見て思ったことは、『なんかちょっとずつ動いていて繰り返してるような感じ』だなと思いました。

 この時は、そんな風に思いあまり深くは考えていなかったのですが、パンフレットの説明書きを読んで見ると

 パンフレット『世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う

 なるほど!この絵は、こんな意味があって作られたんだと感心しました。確かに深く考えてみると『なんか動いてるけど、同じとこに戻ってる訳でもないし、少しずつ動きながら似たような絵になっている』とわかりました。

 2つ目のゾーン!

 2つ目のゾーンは、炎や花、水、魚、光、文字などが流れるような感じで自然に表現されてました。子供達は、上から文字が落ちてきてタッチすると無くなってしまうのですが、一生懸命文字をタッチし遊んでました。

 私の感想をいうと、全くわかりませんでした(初心者としてよくわからないという意味)技術的な面では、文字が落ちてきてタッチすると無くなってしまう、どんな技術を使っているんだろう?そんな事ばかりが気になってしまいました。

 波!

 3つ目のゾーンは、『』でした。

 どっからどう見てもです。

 一面『』で、囲まれました。

 写真では、わかりにくいですが、かなりリアルで本当に波がすぐそこまで来ているかのような『臨場感』がありました。

 波をよく見ても、かなり本物のような作り方(描き方?)で何も知らずにそこに行くと騙されるんじゃないかと思うぐらいでした。

 大きな花!(宇宙?)

 私が、このゾーンに入った時の感想は、『すごく大きな花だな、そして色がはっきりしていてかなり綺麗な花を描いたんだなと』思いました。

 しかし、近づくにつれて何か違うこれは花だけどなんだろうと思いました。

 写真ではかなりわかりにくいですが、よく見てみると、花が立体でさらに奥行きがあり奥に見えるのは、海のような場所で魚が泳いでいるような気もしますし、もしくは、空から見た地球のような見方もできます

 もっと言えば果てのない宇宙を表現している感じにも見えました。

 最後にこの絵を見て、美術センスのない私でも虜にされてしまいチームラボの世界に引き込まれてしまいました。

 以上がアート(美術)が全くわからない初心者の感想でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました