日本ハム製造工場でのバイト体験談(機械洗浄のバイト)

 今回は、日本ハム(製造工場)での、洗浄のバイトについて体験談も交えながら紹介していきます。

 読まれている皆さんの参考になればいいなと思います。

ハムやソーセージなどの製造工場でのバイト(機械洗浄)

 仕事内容は?

 汚れた機械の洗浄のバイトなので、昼間に正社員さんが、ハムやソーセージを作り終えた後の機械の洗浄の仕事になります。

 専用の洗剤を使用して、菌がゼロになるのを目標として洗浄します。

 仕事の流れ

 はじめに、専用の作業服に着替えマスクを着けて手洗い・アルコール消毒をしてから、エアーシャワー室に入り服に付いているホコリなどを除去します。

 そして、工場内に入り自分の持ち場で作業を始めます。

 作業開始(前半)

私の担当する持ち場は、ソーセージを流す機械で、最初にする事が機械にびっしり付いている油をお湯(約60℃)で綺麗に流していきます

 油を流し終えたら、機械をバラして洗いやすくします。次に、専用の洗剤を用意し機械と先ほどバラした部品を丁寧に洗浄していきます。

 機械と部品を洗剤で洗い終えたら洗剤の残りなどがないように、お湯で流します。

 スチーム消毒

 部品は別にして、専用のスチーム消毒をする機械で消毒します。

 消毒している間に、今度は、機械を洗い終えた後の水分などを乾いているタオルで綺麗に拭き取り、汚れなども残っていないかチェックしつつ作業します。

 ここまで作業が終わったら休憩です。

 作業時間は約1時間半ぐらいでした。

日本ハム(製造工場)での休憩時間ってどんな感じ?人間関係は?

 休憩時間

 一通り作業が終わると、他の人もだいたい休憩に入ります。この工場での休憩は、基本的に自由でテレビをみたり、スマホをいじったりする人もいれば、仲のいい人たちでお菓子を食べながら話し合ったりしています。

 休憩時間は約30分です。

 人間関係は?

 基本的に、夜のバイトという位置付けなのでダブルワークで来ている人か年金をもらいながら少しでも生活費の足しにしようと来ている高齢者の方が多くいました。

 なので優しい人が多く働きやすいのではないかと思います。

 作業開始(後半)

 工場内に入るときは、必ず専用の作業着に着替えマスクを着けてから、手洗い・アルコール消毒しエアーシャワー室に入ります。

 食品工場なのでその辺は、かなり気を使います。

 自分の作業場に着くと、今度は、バケツにアルコール液をいれて用意し休憩前に乾拭きしていた機械を、アルコール液で丁寧に拭いていきます

 ある程度拭けば終わりです。バケツに入っているアルコール液を捨ててバケツを直します。

 床掃除

 続いての作業は、機械や部品を大量のお湯や水で洗ったので床にも大量のお湯や水が溜まっています。

 その水を床用のワイパーを使用して排水溝まで流して床を綺麗にしていきます。機械の洗浄が終わったところから始めて最終的には全員で協力し掃除していきます。

 作業完了

 床掃除を終え、簡単な片付けをしてから作業終了になります。

 作業時間は、休憩も含めて約4時間程度なのでちょうどいいぐらいかなと思いました。

日本ハム(製造工場)の洗浄バイトの勤務時間や時給は?

 勤務時間

 夜の6時から10時までで、ダブルワークの人は、昼の仕事の都合があるので連絡した上で時間をずらして入ったり、休ませてくれたりします。

 時給

 時給は、900円で夜の10時以降になれば25%アップします。仕事ができるようになってくれば時給もアップします。

 洗浄バイトのおすすめ度

 私的には、おすすめ度は🌟🌟🌟🌟です。

 副業の中では、自由度が高くて、人間関係も年配の方や同じ条件で働いている方がほとんどなので話しやすいですし、特にダブルワークしてる人にとっては、昼間の仕事が残業になったとしても焦る事なく時間をずらして仕事ができる点が一番いいなと思いました。

 星が5ではない理由は、給料面が少し少ないかなと思ったからです。

 ぜひ興味のある方は探してみてはどうでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました